沖縄っ娘に本土の浴衣を着せて風俗でイメージプレイ

MENU

沖縄っ娘に本土の浴衣を着せてイメージプレイ

国際通りまで夕涼みにいったら、浴衣を着た女の子が二人歩いてた。ウチナーンチュは肌を露出したファッションが多いけど、逆に隠されるとエッチな妄想しちゃうよね。沖縄の風俗に浴衣のコスプレなんか無いだろうな?と思ってると、デリヘル「キスだけじゃイヤ」にあったぞ!ちょっと安っぽそうだけど構いませーん。

 

ラッキーなことに9周年イベント開催中で60分9,000円!しかもコスプレ無料なんです。女の子は全員顔ボカシだから、浴衣の似合いそうな娘をフリーでお願いしちゃった。ホテル「トロピカーナ」にチェックインして部屋番号を連絡すると、女の子が15分少々でやってきたよ。ドアを開けたら30代前半の人妻タイプでした。20歳前後がメインのコスプレ店だから安心してたけど、浴衣を意識して年齢指定を忘れてたよね。部屋に案内する前ならチェンジできるのに、ソファーに座って説明をはじめちゃいました。

 

混浴した後で、人妻タイプが浴衣に着がえてきました。国際通りでみたウチナーンチュの風俗の浴衣と違い、風俗用の赤いスケスケ浴衣なんです。両肩を広げて誘うように、オリオンビールをついでくれるよ。若い子より色気を感じるし、これはこれでOKだよね。ベッドに添い寝して明かりを落とせば、夜這いしてるような気分なんです。浴衣の中に手を入れるとノーブラ!スソをまくればノーパン!プレイが進行すると浴衣が乱れてくるんだよ(^O^)/

 

 

沖縄の風俗を楽しむなら夏休みシーズンが穴場だよ

沖縄で風俗を楽しむなら、夏休みシーズンが狙い目になるよ。本土から遊びに来た娘が、お小遣いかせぎでアルバイト!なんていうこともあるんだ。デリヘル「ニューフェイス クラブ」の新人さんをラブホに呼んだら、色白の秋田美人でラッキーだった。

 

沖縄の梅雨は、雨が降る日もあれば晴天の時もあるよ。本格的に雨が降る時は、バケツの底が抜けたみたいに激しいさー。天気予報の梅雨明けで、あそうなの!という感じだよね。夏休みに入ると観光客が押し寄せ、エイサーの祭りでピークになるんだ。沖縄の風俗好きが、待ちに待っていたシーズンの到来でーす。沖縄観光のついでに、風俗でアルバイトなんていう娘もいるんだよ。

 

沖縄のデリヘルで、本土からきたアルバイトを探すにはコツがあるよね。女の子の紹介で「期間限定のプレミア嬢」と書かれてたら、本土の可能性が大きいさー。店によっては、正直にナイチャー娘と紹介することもあるよ。写真で判断するなら、色が白くてファッションセンスに違いがあることだよね。そんなことを意識しないで、デリヘル「ニューフェイス クラブ」の新人さんを呼んだら、秋田からやってきたナイチャーだったぞ!

 

風俗街の辻にあるラブホ「BINGO」に呼んだんだけど、混浴してるとビキニの跡がクッキリわかる。オッパイに三角印、アソコも三角印、これって、三角ビキニの跡でしょうか?日焼けして無い肌の色が白いし、キメが細かいからナイチャー娘に間違いなーい。思い切って「どこからきたの?」とたずねたら、「秋田♪」と応えてくれました。沖縄で秋田美人に当たっちゃった(^O^)/

 

沖縄 風俗